コロナによる運動不足を解消!体を動かさないリスクとパフォーマンスを上げる方法とは? | nosepass

2020/12/11 18:25

おうちにいる時間が増えているこのご時世。運動ができずにストレスが溜まっていたり、「あれ、太った?」と感じている方は多いのではないでしょうか。リモートワークが普及して、普段の通勤で歩く機会も減っているのが実態です。

運動不足が気になっている人こそ、身をもって運動の大切さを実感していると思います。


今回は、運動不足のリスクと運動のパフォーマンスを上げる方法をご紹介します。


本記事を読むことで、

・運動不足が原因で引き起こす病気

・運動不足を解消する方法

・運動のパフォーマンスを上げる方法

の3点を知ることができます。


コロナで運動不足になっている今だからこそ、効率のいい運動方法を学びましょう!



運動不足は病気の原因になる



運動不足は体重の増加やストレスを溜めるだけに留まりません。運動不足が習慣化してしまうと、体に悪影響を与える様々な症状を引き起こします。そこでまずは、運動不足で陥る3つの症状をご紹介します。

コロナ禍で運動不足を感じ始めた方は、今からぜひ実践してみましょう。


運動不足で陥る3つの症状

運動不足は体に良くないと分かってはいても、実際にどのような病気にかかる可能性があるのか、症状はどういったものなのか、知らない方は少なくないと思います。


運動不足で陥る症状の代表的な例として、以下の3つがあります。

・肥満症

・高血圧

・糖尿病



■肥満症

まずは、肥満症です。運動せずに肉や揚げ物を過剰に摂取する偏った食生活をしていると、どんどん脂肪が蓄積し、肥満症になります。

肥満症になると、動脈硬化や高血糖、関節痛といった症状も併せて体に表れます。動脈硬化は最悪の場合、死亡に繋がる恐れもあるんです。


肥満症の方には、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動が効果的です。有酸素運動は代謝を改善させ、余分な脂肪を燃焼してくれます。

関節に負担をかけないように、まずはゆっくりのスピードで無理のない運動を心がけましょう。


■高血圧

次に高血圧です。血圧は運動や環境の変化によって上下します。しかし、安静時でも慢性的に血圧が高い状態が続いている方は、高血圧と言えるでしょう。高血圧になる原因は、運動不足と偏った食生活です。

カップヌードルやスナック菓子などの食べ過ぎで塩分を過剰に摂取すると、血管に負荷がかかり血圧を上昇させます。さらに、カルシウムが不足していると血液の流れが悪くなり、高血圧のリスクが上がります。


また、高血圧が改善されないままだと、脳卒中や心臓病を引き起こす恐れもあります。高血圧は適度な運動と食生活の見直しで改善できるので、この機会に自分の生活を振り返ってみましょう。


■糖尿病

最後に糖尿病です。普段みなさんが食べている食事には、糖分がたくさん含まれています。

代表的な食品として、米やパンといった主食、サツマイモやジャガイモなどの芋類、ジュースやお菓子に含まれる甘味料などが挙げられます。特に甘味料を多く含む炭酸飲料やスイーツには糖分がいっぱいです。過剰摂取すると血管に入る糖が過多になり、血糖値を上昇させます。その結果、糖尿病に陥ってしまうのです。


糖尿病になると酸素と栄養素が体全体に行き届かなくなり、手足のしびれや網膜症、最悪の場合心筋梗塞や脳梗塞に陥るリスクもあります。

糖尿病の改善には、有酸素運動と筋力トレーニングが効果的です。この2つを併行して行うことで血統をコントロールし、糖をエネルギーに変換してくれるインスリンを活性化させることが可能です。

食生活の見直しと同時に、運動も普段の生活に取り入れていきましょう。



コロナによる運動不足を解消する方法


運動不足を解消するには、運動を習慣化させることが最適です。

おすすめの運動は先ほどもご紹介した、ウォーキング、筋肉トレーニング、ヨガの3つです。


■ウォーキング

体一つで簡単に始められるウォーキングは、家事のすきま時間や勉強の息抜きに、30分程度から始めてみましょう。

いきなり1時間のウォーキング、ランニング5kmといった目標を立てても、なかなか長続きはしません。運動は継続が重要です。自分が無理なく続けられる目標を立てて実践しましょう。


ウォーキングのコツは、

・背筋をのばして姿勢良く

・呼吸を意識する

・肩の力を抜いて腕を振る

の3つです。


空から引っ張られている状態を意識して背筋を伸ばすことで、自然に腹筋、背筋を鍛えることができます。そして呼吸も意識しましょう。

ウォーキングはランニングと比べて息を整えやすい運動です鼻から吸って口から長めに吐くことを意識することで、からだにたくさんの酸素が送られ、血液の循環がよくなり、脂肪を効果的に燃焼できます。

通勤時や自宅での移動でも意識していきましょう。身近で小さなところから運動を習慣化させられます。



■筋力トレーニング

自宅でもできる運動の代表的なものが、筋力トレーニングです。筋肉トレーニングを継続させるコツは、「1日1部位を鍛える」です。


腕立てや腹筋、背筋を1日に全て行って、翌日全身が筋肉痛になってしまった経験はありませんか?

一度に全身を鍛えてしまうと翌日トレーニングができず、継続につながりません。「今日は腕の日だから腕立て伏せをしよう」、「明日はお腹の日。腹筋は明日やろう」のように1週間分の予定を立てて、予定に沿ってトレーニングを行うことをおすすめします。



■ヨガ

最後にヨガです。女性の方ですでに実践されていたり、気になっている方は多いのではないでしょうか?

全身運動なので、普段動かさない部位を鍛えることができます。リモートワークで凝り固まったからだをほぐすのにも最適ですね。

とはいえ、ヨガのやり方が分からず避けている方も多いでしょう。


コロナ禍で室内での運動がブームになっていることもあり、動画媒体にヨガのやり方を紹介している動画は沢山掲載されています。

ヨガは僅かなスペースでもできる簡単な全身運動なので、苦手意識を持たず実践されてみてはいかがでしょうか。



運動のパフォーマンスをアップさせるアイテム【NOSE PASS】


運動不足解消におすすめの運動がわかったところで、合わせて使いたいアイテムをご紹介します。

それがNOSE PASSです。NOSE PASSは運動時でも使用可能な鼻テープで、スポーツマンにおすすめのグッズです。NOSE PASSを装着することで鼻腔が広がり、鼻呼吸を促してくれます。あまり知られてはいませんが、鼻呼吸にはたくさんのメリットがあります。


例えば、

・心拍数を抑える

・酸素を効率的に全身に行き渡らせる

・疲労物質の乳酸が溜まりにくい

などが挙げられます。

運動のパフォーマンスをアップさせる、まさにスポーツマンに最適のアイテムですね。



NOSE PASSの特徴

本体には透明なポリエチレンが使われているため、目立ちません。ウォーキング中でも周りの目を気にせず装着できますね。

また、プラスチックバーが内蔵されているため、鼻に貼るだけで鼻腔を開き、空気の通りを良くしてくれます。鼻炎持ちの方でも鼻通りの良い状態をキープ可能で、快適にウォーキングができます。


NOSE PASS の使い方はたったの3ステップ。

1:鼻をよく洗って乾燥させます。

2:中央を鼻の中心に合わせ、NOSEPASSの両側をみつけた位置に合わせます。

3:両側を鼻にそって曲げて、指でさすってしっかりと接着させます。

ランニングやトレーニング前にさっと装着可能です。


価格は「30枚入り1セット 1,760円(税込)」と「30枚入り2セット 3,520円(税込)」の2種類です。

1セット30枚入りかつ個別梱包になっているので、自分用としてだけでなく、家族や友人とのシェア用としても使えますね。3,500円の購入から送料が無料となるので、2セットで購入することをおすすめします。



家で運動不足を解消しよう!

運動は健康的な体系を維持するだけではなく、気分転換やストレス解消につながり、メンタルヘルスとしても有効です。

コロナ禍のご時世でも、自宅で出来る運動は沢山あります。効率的な運動で、心とからだを豊かな状態にしていきましょう。


▼ご購入はこちらから▼


実際に利用していただいた方の声は、公式Instagramから随時ご確認いただけます。
ユーザーのリアルな声を聞きたい方はフォローがオススメです!