【受験対策】合格に繋げる効率的な勉強法とは?集中力を上げるアイテムも紹介 | nosepass

2020/12/19 07:09

12月も中旬に入り、中学・高校2年生の学生は来年の受験に向けて本腰を入れて勉強に励もうと意気込んでいることと思います。教室の空気も受験モードでピリつき、緊張感が高まっていることでしょう。

しかし一方で「周りはもう動いているに、まだ志望校も決まっていない」、「勉強のモチベーションが上がらない」という学生は多いと思います。


そんなみなさん、心配はいりません。今日から受験勉強をスタートさせましょう。

効率の良い勉強法やコツを理解すれば既に動いている友達に追いつけます。


この記事では

・おすすめの受験勉強の進め方

・効率の良い勉強方法

・モチベーション、集中力を上げるおすすめアイテム

をご紹介します。


これからの受験勉強にぜひ取り入れてみてください。


受験勉強はいつから始める?



受験勉強は早くから始めるに越したことはありませんが、3年生に進級する4月からの勉強で十分に間に合います。

そこで、時系列に沿って勉強法のポイントを解説します。


■4月から夏休み前

受験勉強を意識し始めるこの期間は、前のめりになり過ぎず、今できることを着実に行いましょう。「とりあえず参考書をたくさん買ってやり込もう!」と考える学生が多いですが、まだ3年生に進級したばかりです。これから学ぶことも多いので、まずは普段の授業やテストに集中しましょう。

また、部活動では最終学年ということもあり最後の大会に向けて練習に熱が入る時期でもあります。

勉強時間を取りづらい時期だからこそ、裾野を広げず基礎的なことに絞って力を入れましょう。


■夏休み期間

夏休みは周りのライバルとの差がつきやすい非常に重要な期間です。効率よくいかに質の高い勉強を行うかがカギです。こちらについては後ほど詳しく解説します。


■夏休み明けから冬休み前

部活動もほとんどの学生が引退している時期です。授業の後でも十分に勉強時間を作ることができるので、この時期はいかに怠けず毎日コツコツと勉強できるかが重要となります。

周りの友達も受験モードに入りあなた自身の危機感も高まってくることでしょう。友達はライバルでもありますが、同じ受験に臨む仲間です。お互いに教え合うなどして助け合える関係を持つことも重要ですよ。


■冬休みから受験前

ここまで来るといよいよ大詰めです。志望校の過去問演習に取り掛かりましょう。本番が近づくにつれて気持ちが焦り、何をしたらいいのか混乱する学生が増える時期ですが、考え方はシンプルです。

これまでの自分を信じ、落ち着いた気持ちでこれまでの復習と過去問演習を丁寧に行いましょう。



夏休みの受験勉強で差がつく!


受験までの期間を4つに分けて、各期間に重視する勉強法をご紹介しましたが、なかでも重要な期間が『夏休み』です。

夏休みは授業がなく、強制的に勉強させられることはありません。しかし、周りのライバルと差がつきやすい時期、環境ということです。夏休み期間でいかに主体的に自己学習できるかがポイントです。


勉強時間をたくさん確保できる夏休みに怠けてしまうと、志望校合格は遠のいてしまいます。夏休みは部活動の引退の時期でもあり、1日のスケジュールを立てて勉強することが可能です。夏休みまでに習った内容(1、2年生時に学習した内容)の復習に時間を使いましょう。この時期に基礎固めを徹底して行い、応用問題にも対応できる力を備えることが重要です。



合格に繋がる効率的な勉強法


勉強法にも効率的な手順があります。ステップは以下の3つです。

・勉強習慣の定着

・学校の宿題・授業の復習

・模擬試験・過去問の演習


■まずは勉強習慣を定着させよう

まだ部活動に現役で参加しているうちは、勉強との両立はなかなか難しいですよね。まずは毎日机に向かい、10分でも机に向かう習慣を定着させるところからはじめましょう。勉強する、机に向かうという習慣が身についていないと、受験間際になっても勉強に集中ができません。

決まった時間に勉強する習慣を定着させることで、学習・生活のサイクルを確立させることができ、勉強することが自然となります。このことが結果的に勉強時間、質の向上へと繋がるのです。


■学校の宿題・授業の復習

参考書をやり込むことも大切ですが、基礎が固まっていない、勉強習慣に抵抗が残っている状態で取り組みと逆効果です。

応用問題のみならず基礎問題でもつまずき、自己嫌悪やパニックになりかねません。学校の宿題や授業の復習を丁寧に時間をかけて行うことで、基礎は固まり勉強習慣も定着します。


■模擬試験・過去問の演習

基礎が固まった段階で、いよいよ問題演習です。外部の模擬試験や過去問の演習を通して自分の苦手を見つけましょう。試験の場数を踏むことで、自分はどの教科が得意・不得意で、自分の現在地を把握できます。そしてその苦手を克服するために復習する。その繰り返しです。

苦手科目を勉強することは苦痛かもしれません。なかなかモチベーションも上がらないでしょう。ですが、苦手科目の克服は、志望校合格には必須です。わからないとことは先生に質問する、友達と教え合うなどして、この期間中に苦手はなくしておきましょう。



受験勉強を合格に導く集中力アップアイテム「NOSE PASS」



受験シーズンは冬ということもあり、天候・気温の変化で体調を崩しやすい時期です。冬になると鼻水がたまり、集中して勉強できなかった経験はありませんか?そんな時におすすめの勉強時に合わせて使いたいアイテムをご紹介します。

それがNOSE PASSです。NOSE PASSは勉強時にも使用可能な鼻テープです。装着することで鼻腔が広がり、鼻呼吸を促してくれます。あまり知られてはいませんが、鼻呼吸にはたくさんのメリットがあります。


例えば、

・疲れにくい体になる

・睡眠の質が向上する

唾液の分泌が多くなり、口の中の殺菌効果が高まる


また、口呼吸の習慣が定着してしまっていると、呼吸器系疾患やアレルギー性疾患、精神性疾患などに罹るリスクが高まります。さらに、口呼吸は虫歯の原因になりやすいと言われています。


NOSE PASSを装着することで口呼吸は改善され、鼻呼吸を習慣化させてくれます。

受験勉強を控えて体調管理に気をつけたい学生に最適のアイテムですね。



NOSE PASSの特徴


学校の実習室や図書室を活用して受験勉勉強に取り組む学生は多いでしょう。NOSE PASSの本体には透明なポリエチレンが使われているため、装着していても目立ちません。学校でも周りの目を気にせず使用可能です。

また、プラスチックバーが内蔵されているため、鼻に貼るだけで鼻腔を開き、空気の通りを良くしてくれます。慢性的な鼻炎持ちの方でも鼻通りの良い状態をキープ可能で、集中して勉強に取り組めます。


勉強時におすすめのNOSE PASS の使い方はたったの3ステップ。

1:鼻をよく洗って乾燥させます。

2:中央を鼻の中心に合わせ、NOSEPASSの両側をみつけた位置に合わせます。

3:両側を鼻にそって曲げて、指でさすってしっかりと接着させます。

勉強前にさっと装着可能です。


価格は「30枚入り1セット 1,760円(税込)」と「30枚入り2セット 3,520円(税込)」の2種類です。

1セット30枚入りかつ個別梱包になっているので、自分用としてだけでなく、一緒に受験勉強に励む友達とのシェア用としても使えますね。また、3,500円の購入から送料が無料となるので、2セットで購入することをおすすめします。おこづかい制の学生には嬉しいですね。



受験に万全の状態で臨もう!

「もっと勉強しておけばよかった」と後悔することがないように、今から計画的に勉強をスタートさせましょう。そして自信を持って本番に臨める環境を整えましょう。準備は勉強だけではありません。体調管理も受験対策のひとつです。今回ご紹介した勉強法・アイテムを参考にしていただければ幸いです。



▼ご購入はこちらから▼


実際に利用していただいた方の声は、公式Instagramから随時ご確認いただけます。
ユーザーのリアルな声を聞きたい方はフォローがオススメです!