【必見】自宅で鼻づまりを解消できる即効性のある解消法3選 | nosepass

2020/12/22 09:16


寒さが堪えるこの季節。室内と室外の気温差が激しく、体調を崩しやすい環境です。

風邪気味で鼻づまりに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

鼻づまりに痛みや痺れはなく、死につながるような症状ではありませんが、慢性的に続くとストレスや生活のしづらさに苦痛を感じてしまう症状です。鼻づまりの解消法として、まずは耳鼻科に行って原因を調べてもらい、薬を処方してもらうことが一般的ですが、自宅でできる即効性のある解消法もあります。


そこで今回は、誰でも自宅で簡単に実践できる鼻づまり解消法をご紹介します!

長年鼻づまりに悩まされている方にもおすすめの効果的な解消法なので、ぜひ最後までご覧ください。



鼻づまりの原因は?



鼻づまりの原因は主に以下の4つに分類されます。


・鼻水が溜まっている

・鼻腔の粘膜が腫れている

・鼻腔にできものがある

・骨格に歪みがある


■鼻水が溜まっている

鼻づまりの原因の一つとして最も考えられるのが、風邪や花粉症による鼻水の溜まりです。花粉症はスギなどの花粉が原因となって起こるアレルギー疾患の一つで、春や秋などに発症しやすい症状です。くしゃみと鼻水が止まらずに仕事・勉強に集中できない、夜寝つけなくて煩わしさを感じている方はたくさんいると思います。

これらの鼻症状は、ウイルスや花粉が鼻に入って粘膜に付着し、感染することが原因です。体がウイルスに感染したことを察知すると免疫機能が働き、さまざまな防御反応が起こります。それが鼻水です。体を守るための機能なので止めることはできませんが、軽減させることは可能です。解消法は後ほどご紹介します。


■鼻腔の粘膜が腫れている

鼻腔の粘膜の腫れは鼻水の溜まり同様、風邪や花粉症によって引き起こされます。鼻腔の気道が狭くなることで空気の通りが悪くなり、鼻づまりが起こります。

解消法として市販の血管収縮剤が効果的です。鼻の粘膜の毛細血管を収縮させるので、鼻通りが良くなります。しかし、過度な使用は薬の効果を薄め逆効果となるので、注意しましょう。


■鼻腔にできものがある

みなさんは鼻の中にできものが出来た経験はありませんか?それは「鼻茸」かもしれません。「鼻茸」は、ウイルスやアレルギーにより鼻の粘膜が刺激を受けて、「ヒスタミン」という物質が分泌されることで粘膜の血管が膨張して発生すると言われています。

「鼻茸」が出来ると空気の通りが悪くなる、鼻からの分泌物が溜まりやすくなるので、早期の治療が必要です。

解消法としては、点滴薬や鼻洗浄があります。


■骨格に歪みがある

あまり知られていない鼻づまりの原因が、骨格の歪みです。鼻の左右を仕切る「鼻中隔」が曲がっていると、鼻の中が狭くなり鼻詰まりになりやすくなります。

鼻を形成する軟骨が左右非対称になっていても、片方の鼻の穴に鼻水が溜まりやすいです。片方の鼻の穴だけ詰まりやすいと感じている方は、一度お近くの耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。



自宅でできる即効性のある鼻づまり解消法5選


コロナウイルスの影響で外出しにくいご時世です。耳鼻科に行こうにも人が密集していてためらわれる方もいるでしょう。

そこで自宅で出来る鼻づまり解消法をご紹介します!しかも即効性があって誰でも簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。


■鼻を温める

鼻づまりは鼻の血行を良くすることで解消できます。温めたタオルを鼻に当てることで鼻の中に湿気が充満し、通りを良くしてくれます。

就寝前の布団で横になっている時や、鼻をかんでも良くならない時に試してみてはいかがでしょうか。やり方は簡単です。

①タオルを40℃ほどのお湯で温める。またはタオルを水で濡らし、レンジで温める。

② 鼻の付け根あたりにタオルを当て、鼻呼吸を繰り返す。


■部屋を加湿する

季節は冬。暖房のつけっぱなしで室内が乾燥状態になっていませんか?

鼻粘膜の乾燥は、線毛運動を低下させます。このことが原因でウイルスやアレルギー物質が排出されにくくなり、鼻炎や感染症などが起こりやすくなります。

就寝中は暖房をつけっぱなしにせずタイマーで切れるようにする、加湿器で部屋の湿度を上げるなど対策を行いましょう。


■鼻うがいを行う

鼻うがいは鼻腔に溜まった鼻水を洗い流すので、感じていた不快感を取り除ける解消法です。方法は以下の通りです。

①生理食塩水を300mL程度作る。

②下を向いた状態で、鼻の穴に鼻洗浄器を当てる。

③鼻の中に生理食塩水を入れる。

④反対の鼻の穴または口から生理食塩水を出す。

⑤もう一方の鼻も同様に洗う。

鼻洗浄機を用意する必要がありますが、一度で鼻づまりを解消してくれるので、集中して仕事・勉強に臨みたい、快適な状態で睡眠を取りたい方におすすめの即効性のある解消法です。


■脇にものを挟む

意外と知られていない解消法ですが、脇にものを挟むことで交感神経が高まり、鼻の粘膜の血管が収縮され通りが良くなると言われています。

野球ボールやテニスボールくらいの大きさのボールを脇に挟むだけなので、テレビを観ながらでもできますね。誰でも出来る即効性抜群の解消法です。


■ツボを押す

鼻づまりに即効性があるツボとして、「印堂」(いんどう)と「迎香」(げいこう)があります。「印堂」は眉間、「迎香」は両脇にあるツボです。強めに10秒押すだけで鼻の通りが良くなったと実感できるでしょう。

また、「印堂」は頭の疲れも取ってくれます。鼻づまりでぼーっとした頭をスッキリさせてくれるのでおすすめです。



慢性的な鼻づまりを解消してくれるおすすめグッズ「NOSE PASS」


鼻づまり解消法にはもう一つあります。それは「鼻づまり解消グッズを使う」です。

市販でもノーズピン、枕、鼻テープなどグッズはたくさん売られていますが、どれを選んだらいいのか分からず悩んだ経験はありませんか?そこで、即効性、機能性の面でおすすめのグッズを紹介します。それが「NOSE PASS」です。


NOSE PASSは、鼻に貼るだけで鼻腔が広がり、鼻通りを良くしてくれる鼻テープです。

慢性的な鼻づまりに悩んでいる方は試してみてください。


NOSE PASS の使い方はいたってシンプルで、以下の3ステップで鼻づまりを解消できます。

1:鼻をよく洗って乾燥させる

2:中央を鼻の中心に合わせ、NOSEPASSの両側をみつけた位置に合わせる

3:両側を鼻にそって曲げて、指でさすってしっかりと接着させる


「30枚入り1セット 1,760円」と「30枚入り2セット 3,520円」の2種類販売しており、3,500円のご購入から送料が無料となりますので、2セットで購入することをオススメします。個別梱包になっているので、家族や友人とシェア可能です。

ノーズピンや鼻炎薬などのグッズもありますが、鼻にものを入れることに抵抗がある方も多いでしょう。「NOSE PASS」は付けていても違和感を感じません。透明で周りからの目線も気にならないところもおすすめです。



自分に合った解消法で鼻づまりを解消しよう!

今回ご紹介したように、鼻づまりを解消させる方法はたくさんあります。どれも誰でも簡単に自宅で出来る解消法ですが、中には少しやりづらいものもあるかもしれません。

無理はせず継続的に続けられる解消法を自分で見つけて、実践してみてください。



▼ご購入はこちらから▼


実際に利用していただいた方の声は、公式Instagramから随時ご確認いただけます。
ユーザーのリアルな声を聞きたい方はフォローがオススメです!