今からできる悪化を防ぐ花粉症対策|病院に行かずに自分でケア | nosepass

2020/12/31 13:48

子どもから大人まで、花粉症による症状で毎年辛い思いをしている人が多いと思います。特に鼻づまりや鼻水は、集中力を低下させて仕事や勉強に支障をきたします。悪化すると通院が必要になるケースもありますよね。


そこで今回は、花粉症を悪化させないための対策方法、花粉症悪化を防ぐために気をつけるべきことをご紹介します。

病院へ行かずに自宅で実践できるので、この記事を参考に花粉症の季節に備えましょう!



花粉症の原因やピーク、症状は?


花粉症は、スギ花粉などが体内に侵入した際に免疫反応によって引き起こされる症状(鼻水など)を指します。花粉に接触する機会は性別・年齢に関係なくあるので、全ての人が花粉症にかかるリスクがあります。


では、花粉症がピークになる時期はいつなのか?

花粉症は例年2月から4月にかけての2ヶ月間がピークと言われています。ただ、鼻炎や複数の花粉による花粉症を発症してしまうと、年中鼻水や目の痒み、くしゃみなどの症状に苦しむことになります。今のうちに対処法を確認しておき、通年でしっかりと対策ができるように備えておきましょう。早めに対策することで、例年感じていた煩わしさ、苦痛を逃れることができます。



花粉症は自分でケアできる

病院で治療をして治すイメージが強い花粉症ですが、自宅に居ながら自分で症状を抑えることも可能です。病院だと費用が割高になってしまいがちですが、花粉症は必要以上にお金をかけずに悪化を防げます。

今花粉症で悩んでいる方は、一度以下で紹介する対策法を実践してみてから、病院へ行くか検討することをオススメします。



今すぐできる花粉症対策



自宅で始められる花粉症対策はたくさんあります。特にオススメの3つをご紹介します。

どれも日頃の生活に簡単に取り入れられるものなので、参考にしてみてください。


■花粉症対策アイテムで症状を抑える

近くの薬局やコンビニで、花粉症の症状を抑えるアイテムを購入できます。例えば、目の痒みが辛い人は点眼薬が効果的です。鼻づまりがひどい人は、鼻腔を拡張させる飲み薬や、鼻テープがオススメですね。特に鼻テープは低価格で購入できると同時に、睡眠時や仕事中など様々な生活シーンで利用できます。

これらのアイテムで花粉症対策を行う利点として、「低価格かつ手軽に抑えられる」というポイントがあります。また即効性もあるため、すぐに症状を止めたいという方は、まずアイテムの利用をオススメします。


■食事から症状を抑える

普段摂取している食事からも、花粉症は抑制できます。花粉症の原因は先ほどお伝えしたように、免疫力の低下にあります。体の免疫力を高める乳酸菌や食物繊維の豊富な食事を日頃から心がけると、いざ花粉症になった時にでも悪化を未然に防げます。

花粉症対策アイテムを購入しなくても、毎日当たり前に行っている食事からでも対策は可能なので、ぜひ今日から実践してみてください。

乳酸菌が豊富な食べ物・・・ヨーグルト、キムチ、チーズなど

食物繊維が豊富な食べ物・・・さつまいも、大豆、果物全般

一方で、トマトやスイカ、メロンといった食べ物は口腔アレルギー症候群(OAS)を引き起こす恐れがあります。これらの食べ物を食べて口がぴりぴりした、喉に違和感を感じたことのある花粉症持ちの方は、控えるようにしましょう。


■生活習慣の改善で症状を抑える

何気なく行っている生活習慣からも、花粉症の悪化を防ぐことは可能です。例えば、喫煙はアレルギー反応を活性化させる要因の一つと言われています。煙が鼻に入り、免疫機能を刺激するのが原因です。健康のためにも、喫煙は最小限に止めるのが良いでしょう。

他にも、アルコールの過剰な摂取も鼻づまりを促進すると言われています。生活習慣を改善して、花粉症の悪化を防ぎましょう。



日常生活では口呼吸と睡眠不足に注意が必要!?

■口呼吸が花粉症を悪化させる

コロナウイルスが原因でマスク着用が必須となったこのご時世。マスク着用によって無意識的に口呼吸が増えていませんか?マスクがあることで通常時よりも呼吸が浅くなり、空気をたくさん吸い込むために口呼吸が増える傾向にあります。

しかし、その口呼吸が花粉症を悪化させていることをご存知でしょうか?鼻呼吸であれば空気中の花粉を鼻がろかしてくれますが、口呼吸の場合、無防備の状態で花粉が体内に入ってきます。また、花粉症の他にも喘息等のアレルギー疾患の原因のひとつが、口呼吸と言われています。花粉症持ちの方は特に口呼吸が定着しないように意識して生活しましょう。


■睡眠不足等の生活習慣の乱れに注意!

日頃の仕事や家事、学業で疲れが溜まったままの方はいませんか?疲れは十分な睡眠を取ることで回復されます。一方で、睡眠不足だと体力は奪われ、免疫力が低下する恐れも。花粉症はアレルギー疾患だから免疫力は関係ないと考えている方もいるでしょう。しかし、免疫力が低下しているとより花粉症が悪化する恐れがあります。

花粉症で鼻水が止まらずに寝不足になっている方も、ご紹介した解消方法で症状を解消し、睡眠不足も合わせて解消しましょう。このことが結果的に花粉症の更なる症状軽減につながります。



口呼吸と睡眠不足を解決し、花粉症の鼻づまりも防ぐ鼻テープ「NOSE PASS」



花粉症の悪化を防ぐには、口呼吸と睡眠不足の解消が不可欠です。そこで、自然と鼻呼吸を促し睡眠不足を解消してくれる鼻腔拡張テープをご紹介します。それが「NOSE PASS」です。


「NOSE PASS」は口呼吸と睡眠不足の両方を一度に解消してくれる、オススメのアイテムです。鼻に貼るだけで鼻腔が広がり、鼻通りを良くしてくれるので即効性・機能性が抜群です。慢性的な花粉症に悩んでいる方はぜひ試してみてください。


NOSE PASS の使い方はシンプルな3ステップ。

1:鼻をよく洗って乾燥させる

2:中央を鼻の中心に合わせ、NOSEPASSの両側をみつけた位置に合わせる

3:両側を鼻にそって曲げて、指でさすってしっかりと接着させる


「鼻水を気にせずに集中して勉強したい」、「大事なプレゼン前。鼻声を速攻で解消したい」という方にオススメです。本体は透明なので周りからの目を気にする必要もありません。


また「NOSE PASS」は30枚入り1セット 1,760円」と「30枚入り2セット 3,520円」の2種類販売しています。3,500円のご購入から送料が無料となるので、2セットで購入することをおすすめします。個別梱包になっているので、家族や友人とシェア可能です!

鼻腔拡張テープは、飲み薬や目薬よりも抵抗感なく始められます。市販の薬は種類が豊富でどれを選んだらいいか分からない方は、試しに使ってみてはいかがでしょうか?



今のうちから花粉症対策!花粉シーズンに備えよう

春になれば花粉の飛散が始まり、辛い花粉シーズンがまた始まります。例年のことで「また今年も始まるのか・・・」と憂鬱に感じていた方も、今回ご紹介した対策を実施してみてください。どの対策法も日頃の習慣を少し変える、取り入れるだけで出来るものばかりなので、参考にしていただけると幸いです。

来たる花粉シーズンに備えて、今のうちから準備しておきましょう。



▼ご購入はこちらから▼


実際に利用していただいた方の声は、公式Instagramから随時ご確認いただけます。
ユーザーのリアルな声を聞きたい方はフォローがオススメです!